vline-t

2015 11月

2015.11.26オペラの音楽研究入門

オペラの音楽の意味について考えてみましょう。

ここではモーツアルトの「ドン・ジョヴァンニ」からです。

序曲が終わりいよいよ本編に入ろうとする最初の場面でのこと、初めは従者レポレロの歌愚痴っぽい歌から始まりますが、先ずその前奏に注意してください。何かによじ登ろうとする音楽に続いていきなり滑り落ちるような音楽が始まります。その音楽の意味はレポレロの歌う言葉でよく理解できます。この前奏こそがオペラにおける状況の説明と印象付けになります。そしてレポレロの歌から先ほどの前奏の意味が理解出来ます。よじ登るような音楽と滑り落ちるような音楽からレポレロがドン・ジョヴァンニが女性の部屋に忍び込み、逃げやすくするために梯子を支えさせられて滑り落ちる様子を表した音楽が理解できます。

それに続いて侵入してきた不審者(ドン・ジョヴァンニ)を追いかけて来たドンナ・アンナとの騒ぎに駆け付けたアンナの父の騎士長との決闘の時の事、剣と剣を打ち合う音に続いてドン・ジョヴァンニの剣が騎士長をめがけてスルスルッと伸びるような音楽と、その瞬間倒れる騎士長。と、音楽によってこの場の決闘がいかに為されたかが解るような状況音楽的表現へと進化していきます。さらに当時の劇場設備技術の曖昧さ(当時の舞台照明はろうそくのみの暗いものであった)を繕う音楽の必要性に駆られていたモーツアルトはその場その場にに見合った音楽でドラマの推移をよりわかり易いものにしていたと考えられます。

こんな創作努力は歴代のオペラ作曲家たちなら当り前の事と考えられます。さらに当時の歌手たちは演技の技術も幅も狭く、ろうそくの前から動けずの歌手たちからすると必要な作曲行為だと言えます。この事が功を奏してかモーツアルト以後のオペラ作曲家達は音楽による人物描写。・場面描写に音楽を深く結びつけて今日に至っています。

そしてドン・ジョヴァンニが村娘のツェルリ—ナを口説く場面でのこと、ひつこく誘うドン・ジョヴァンニの言葉に揺れ動く乙女の境地を16分音符で上下しながら下降するメロディ-には、揺れ動く心の悩みなどを音楽で表すモーツアルトの天才的劇作側面を感じ取れます。このモーツアルトにして、この事自体オペラが人類最高の文化遺産文化の礎となったのです。

無作為の天才モーツアルト!オペラの申し子モーツアルト!万歳モーツアルト!そして音楽に乾杯!

 


2015.11.26満員御礼!

ACT4 kamifubuki

川口シティオペラ第7回公演「カルメン」は、好評のうちに終演いたしました。有難うございました。

満員御礼の御旗を挙げての公演でした。今回はシテイオペラ合唱団をはじめ川口少年少女ミュージカル団の子供合唱も全員フランス語での原語歌唱での挑戦でした。参加者みんな見事に一生懸命演じ、声高らかに歌い上げ、舞台の上に大輪のオペラの華が咲きました。

また,毎回の公演で見られる客席の鑑賞レベルの向上が見られます。その証としては場面ごとに頂く拍手の事で、どの拍手であっても、間のいいタイミングで拍手を頂きました事、このこと自体オペラをより楽しもうとする皆様方の文化享受に対する文化的意欲の表れであると確信します。舞台の上の地域の人々も客席の地域の人々も一緒になって人類が残してくれた劇場文化に興じる様子に地域の文化民度の向上が見て取れました。

始めはオペラ?って?何?から始まったでしょうが、今公演においては、このオペラが川口における劇場文化においての地域コミニュケーションの上に成り立つ地域内文化交流の始まりを予感させてくれました。

川口市民の文化に対する友好的参加は舞台と客席が一体となって劇場文化を楽しむ行為の相乗効果には川口市ならではの劇場文化の特徴がみられます。このように今回の公演を終演して感じたことは、ここ川口もやがてキューポラの街からオペラの街になるかも・・・と期待させてくれました。

付け加えますと毎回のオペラの成功の要因の一つに、リリアの音楽ホールがあげられます。世界的に見ても素晴らしい音響の良さに魅了され、川口シティオペラのホームグランド的ホールとして選定し、定期使用している事。この事自体、リリアの音楽ホールは川口文化の礎を支え得るホールであると確信できると思わせてくれます。

川口の新しい文化遺産的建物として”多くの市民に親しまれて当然のホール”を目指して公演重ね、川口文化発信の一助となることがオフィス松山の感謝のしるしと心得ています。

今公演の舞台の様子は近く更新の予定です。御期待下さい。

☆:オフィス松山では今まで公演してきた作品の舞台道具などの無料レンタルも受け付けています。全国に広がる世界的見ても珍しい文化の市民(地域)オペラであればどこにでも御貸しします。また経済的道具製作のコンサルタントも引き受けます。

オフィス松山を地域オペラを支えるものとしてご利用ください。

☆:行政の方々へ

オフィス松山は地域オペラを通して、地域に必要な劇場つくりの応援も行っています。無駄な施設機構をはぶき必要な設備機構を提案します。

 

 


2015.11.05さあオペラへいらっしゃい!

川口シティオペラ第7回公演「カルメン」上演まで2週間。(公財)川口総合文化センター・リリアには我が国屈指の音響を誇る音楽ホールがあります。だからこそ、たとえ劇場的設備のないコンサート専用ホールであってもあえてリリアの音楽ホールを川口シティオペラのホームホールとしてとらえています。コンサートホールであり、たとえ劇場設備機構がなくてもオペラの上演は不可能ではありません。むしろ市民オペラの形態で活動する川口のシテイオペラが音響抜群の音楽ホールの存在を”誇れる箱”ものとしてシテイオペラを上演することこそ地域文化発信の好材料になり得えます。

コンサートホールを劇場と変わらぬ表現空間として捉える。この事こそが地域の特性を活かした文化団体としてのシテイオペラの在り様と考えています。

さらにこの素晴らしい音楽ホールに加えて上演内容そのものにも地域の特性があります。合唱団は地域の住民たちで構成される川口シテイオペラ合唱団、子供合唱には若年層育成番組としての川口少年少女ミュージカル団、さらにこのオペラ「カルメン」にはフラメンコが不可欠で、こちらも川口市内で活動する山田好美率いるラ・プレシオサフラメンコが賛助出演します。

そして何よりも第1回公演から連続してのフィレンツエ出身の美術家アモロソ・フィリッポ氏の美術も見逃せません。漆黒の闇に浮かぶ女性の情念・ジプシーの人生をつかさどるといわれるトランプ占い、等が今回の「カルメンン」舞台美術のテーマでもあります。音楽ホールには緞帳もありません。来場されるやいなや、すぐにビゼー「カルメン」の世界に引き込まれます。ホール着席後はまず、当日のプログラムに記載の物語の主人公、獄中のホセの母にあてた後悔の手紙からオペラ「カルメン」の世界におはいりください。

さあいよいよ開幕です。シテイオペラの特性を前面に押し出した待望の「カルメン」チケットはあと僅か、お早めにチケットの確保をお勧めします。リリアの音楽ホールはボックス型であるためどの席からも舞台がみやすいのが特徴です。さあどうぞオペラ「カルメン」へ!

 

 


カテゴリー:オフィス松山ブログ
vline-b